スタッフブログ

夏でも快適な家にしたい!快適な家にするための工夫をご紹介!

「夏でも快適に暮らせる家づくりをしたい」
「夏に家で快適に過ごすためには、どのようなことに気をつければ良いのか」
このようにお考えの方はたくさんいらっしゃると思います。
そこで今回は、夏でも快適に暮らせる家にするための工夫について解説します。
ぜひ参考にしてください。
 

□夏でも快適な家にするための工夫

 
ここでは、夏でも快適に暮らせる家にするための工夫を2点ご紹介します。
 

*日光を遮る

 
夏に室内が暑くなってしまう原因の一つは、日光です。
日光が室内に当たり続けると、だんだんと室内温度が上がってしまいます。
こういったことを防ぐために日光を遮るアイデアを2つご紹介いたします。
 
1つ目は、カーテンやすだれです。
 
日光を遮る一般的な手段は、カーテンやすだれを設置することです。
また、窓の外側で、ゴーヤやアサガオなどの、つる性の植物を栽培する「緑のカーテン」も
おすすめです。
 
2つ目は、軒を深くすることです。
 
軒を深くすることによって、夏場の強い日差しを遮ることが可能となります。
また、冬場は太陽の高度が低いため、遮られることなく、室内に日光が入ります。
 

*湿度を下げる

 
夏に室内が蒸し暑く不快だと感じるもう一つの原因は、湿度です。
湿度が高いと、汗がなかなか乾かず不快感を抱くでしょう。
また、発汗効率が下がると、熱中症発生の可能性もあるので、危険です。
 
そういったことを防ぐため、湿度を下げるためのアイデアを2つ紹介します。
 
1つ目は、空気の流れを作ることです。
 
空気の流れを作るためには、部屋に窓を2つ以上設置したり、サーキュレーターを設置したりすると良いでしょう。
また、部屋を閉め切らず、こまめに換気することも大切です。
 
2つ目は、塗壁素材による調整です。
 
塗壁素材には、調湿機能を持つものがあるので、夏にさらに快適に暮らすために、こういったものを導入するのも良いでしょう。
 

□夏に快適に暮らすためには断熱と調湿が大切

 
以上でもご紹介した通り、夏に快適に暮らすためには、「断熱」と「調湿」が大切になります。
夏に暮らしやすくするために、熱を伝えにくく、湿度を調整できる家づくりを目指しましょう。
 

□まとめ

 
今回は、夏でも快適に暮らせる家にするための工夫について解説しました。
大切なポイントは、「断熱」と「調湿」ということでした。
今回の情報を参考にして、夏に快適に暮らせる家づくりを実現させてください。
何かわからないことがあった方や、家づくりをお考えの方は当社にご相談ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP