スタッフブログ

家づくりを検討中の方必見!打ち合わせをスムーズに進めるためのコツを紹介します!

家づくりをお考えの方で、どこからはじめれば良いかわからない方もいらっしゃると思います。
理想のマイホームを建てるためには自分で決めることが多すぎますよね。
そこで今回は注文住宅を建てる際の打ち合わせについて詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

□注文住宅の打ち合わせの流れを4つのステップに分けてご紹介!

1つ目はイメージや情報を伝えることです。
まずはマイホームのイメージの詳細を担当者と共有する必要があります。

理想のマイホームのイメージが浮かばない方はインターネットやパンフレットを見たり、実際に家族や友人と展示場へ足を運んだりするとイメージが浮かびやすくなります。
また住み始める時期や予算なども事前に設計者と話し合ってみることをおすすめします。

2つ目は見積もりです。
担当者にイメージを伝えたら次は見積もりの段階に入ります。
見積もりは契約時に判断する大きなポイントとなります。
わからないことや疑問があれば担当者に聞いて事前に解決しておきましょう。

3つ目は設計です。
設計では住宅の間取りや内外装、設備など自分の理想のマイホームを具体的に決める重要なステップです。

4つ目は最終見積もりと本契約です。
具体的な設計が決まることで最終的な見積もりが決まります。
お客様が見積もりに納得できるようであれば本契約に進みましょう。

□注文住宅の打ち合わせをスムーズに進めるためのコツを3つご紹介!

1つ目は間取りをある程度決めておくことです。
家の中にどのような部屋がいくつ必要かは専門的な知識がなくてもある程度決まってくると思います。

「お手洗いは1階2階両方に欲しい」「キッチンはシステムキッチンが良い」など、ここだけは譲れないというポイントやこだわりをあらかじめ家族間ではなしあっておくと、担当者との打ち合わせがスムーズに進みます。

2つ目は家の雰囲気を決めておくことです。
事前にどのような雰囲気で家を建てるのか、外装は何色にするのかなど決めておくと、担当者にそれにあった設備や資材を紹介してもらえるため、完成図が仕上がりやすくなります。

3つ目は予算を決めておくことです。
予算は注文住宅を建てるとき、家のスタイルや設備を決める際の大きな判断基準となります。
あらかじめ住宅ローンの審査で自分がどれだけ借りられるのか確かめておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅を建てる際の打ち合わせについて詳しく紹介しました。
当社はお客様の意見を真摯に受け止め、最高の住宅を提供させていただきます。
何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP