スタッフブログ

マイホームは子供を育てるのに最適?メリットをご紹介します!

マイホームを建てるタイミングでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
家を建てるのにベストなタイミングは簡単には決められませんが、子供の成長に合わせるという考え方があります。
そこで今回は、マイホームを子供を育てるために建てるという考え方とそのメリットについて解説します。
 

□子供の成長に合わせてマイホームを建てるという考え方

 
マイホームを建てるタイミングは人それぞれで、結婚した時や子供が進学した時など様々なパターンがありますが、ここでは子供が幼稚園に入園した時とそれ以降の場合に分けて解説します。
 

*子供が幼稚園に入園するタイミング

 
子供の入園に合わせてマイホームを建てる最も大きなメリットは、子供の人間関係が豊かになりやすいことです。
幼稚園に入るぐらいの時期は子供の物心がついてきて、同年代の友達を作る重要性が高まる時期です。
幼稚園で知り合った友達がそのまま一緒の小学校に通い、十年近くもの交友関係になることもあります。
子供が幼い時から人付き合いの練習ができることがマイホームの購入を入園に合わせることの魅力と言えるでしょう。
 
ただし、まだ幼いので落書きなどで家が汚れてしまうのは覚悟しておきましょう。
また、子供が2人3人となることを想定して部屋が多めの間取りにしておくことをおすすめします。
 

*子供が幼稚園を卒園するタイミング

 
子供が卒園し、小学校に上がるタイミングで家を購入することも一般的です。
このタイミングでのメリットは、子供の将来の見通しが立てやすいということにあります。
幼稚園の頃より、中学校高校の計画が立てやすくなり、金銭的にも比較的余裕が出てきやすい時期になります。
ただし、周囲の環境が突然変化するため子供にとってストレスになるかもしれません。
 

□子育てのためにマイホームを建てるメリット

 
マイホームが子育てにおすすめできる3つの理由を紹介します。
 
1つ目は、子供の成長に適した家にできることです。
子供の健やかな成長において重要なのは周りの環境です。
広いリビングで家族の時間を過ごすもよし、いつでも見守れるよう見通しのよい家にするもよし、庭を作ってガーデニングを一緒に楽しむもよし、と家の設計の自由度の高さが最大限活用できます。
 
2つ目は、収納スペースを確保しやすいことです。
子供のための育児用品やおもちゃなど、子育てにはたくさんの物があふれがちです。
収納スペースを多めに確保することで、物が散らかりにくくなり、転んだりして怪我することを予防できるでしょう。
 
3つ目は、人との繋がりができやすいことです。
幼稚園や小学校の近くに家を建てた場合、近くに同じ年の子供がいる家庭と知り合うことは珍しくありません。
子供同士やママ同士の交友関係も期待できます。
 

□まとめ

 
この記事では、子供の成長に合わせて家を建てる考え方を紹介しました。
育児に合わせるのは様々なメリットがありますが、お金の問題なども含めてじっくり考えましょう。
子供に合わせた家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP