原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりをお考えの方へ!快適な家づくりで工夫すべきポイントをご紹介!

家づくりをお考えの方は、快適に暮らせることが、最も大切なポイントの一つですよね。
快適に暮らせる家づくりをするためには、どのようなことを工夫すれば良いのでしょうか。
そこで今回は、快適な家づくりで工夫すべきポイントについて、ご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
 

□快適な家づくりで工夫すべきポイント

 

*断熱性を高める

 
暑い夏は涼しく、寒い冬は暖かく暮らすためには、断熱性を高めることが大切です。
断熱性を高めるとは、室外の熱を室内に入りにくく、室内の熱を室外に出しにくくすることを意味します。
断熱性を高めることで、暑い夏には室内が高温になることを、寒い冬には室内が低温になることを防げます。
 

*気密性を高める

 
暑い夏は涼しく、寒い冬は暖かく暮らすために、もう一つ大切なことが、気密性を高めることです。
気密性を高めるとは、室外の空気を室内に入りにくく、室内の空気を室外に出しにくくすることを意味します。
わかりやすく言うと、家の隙間をできるだけなくすことです。
気密性を高めることで、夏や冬にエアコンなどで調整された室内の空気が、外からの空気で見出されること、外に出ることを防げます。
 

□家づくりで素材を工夫する魅力

 
以上で説明した、高断熱、高気密の家を実現させるための手段の一つに、自然素材を使った家づくりが挙げられます。
自然素材とは、無垢の木材や漆喰などが、広く採用されている素材として挙げられます。
 
自然素材は、その温かみのあるデザインや、快適性だけでなく、機能面も優れています。
 
無垢の木材を例に見てみましょう。
まず、木材の性質として、調湿機能があります。
調湿機能とは、湿度が高いときには湿気を吸収し、湿度が低いときには湿気を放出するといった機能です。
 
この機能により、一年を通して快適な湿度で暮らすことが可能となります。
また、床などに使用するにあたり、乾燥させた木材は、木材の管であった部分が空洞となり、断熱効果が高まるといった特徴も持ちます。
 
このように、自然素材を使用した家では、断熱性、気密性、調湿性が優れており、より快適に暮らすことが可能となります。
 

□まとめ

 
今回は、快適な家づくりで工夫すべきポイントについてご紹介しました。
「高断熱」、「高気密」を目指して、1年中快適に暮らせる家づくりを実現させてください。
何かわからないことがあった方や、高断熱、高気密、自然素材を使用した家づくりをお考えの方は、当社にお任せください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP