原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

マイホームをお考えの方へ!頭金の平均をご紹介します!

マイホームを建てる際、一番気になるのがお金の話です。
ローンの負担を減らすために頭金を多く用意することができますが、どれくらいが適切なのか気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、住宅ローンでの頭金の平均額と頭金の考え方について解説します。
 

□マイホームで準備する頭金の平均

 
頭金とは、住宅の購入する際に手元にある資金からローンの支払いを抑えるために払うお金のことです。
頭金を用意した分だけローンの借入額が減るので、月々の負担や返済額の合計が減るので長期的な目でみると頭金は多いに越したことはありません。
ただし、現状の生活に影響が
 
頭金の相場は、一般的に住宅費用の10~20パーセントです。
例えば、3000万円の住宅なら300~600万円が相場となります。
ただし、あくまでも目安ですので、お金に余裕がない場合はさらに少なくしたり、逆に余裕があるなら多めに払うこともできます。
手持ちの資金と相談して頭金の額を決めましょう。
 

□マイホームで頭金を決める際のポイント

 
頭金の支払い額を決める際には2つのポイントを考えましょう。
 
1つ目は、現在の手元に残るお金です。
総支払額が減ることを考えるとなるべく多く頭金を支払いたくなりますが、まず手元に残るお金を計算しましょう。
生活を切り詰めるようなお金の支払い方をすると、万が一けがや病気になったときに急な出費に対応できなくなります。
もしものことがあっても対応できる最低限のお金は残しておきましょう。
 
住宅を購入する際は、家本体にかかる費用だけでなく、不動産会社への手数料や各種税金など他にも様々なお金がかかります。
必要な出費は家の代金だけでないので、必ず余裕のある資金計画をしましょう。
 
2つ目は、将来のお金の支払いです。
ローンを組んだ後は毎月一定額の返済が必要になります。
そのため、ローンの出費を含めた毎月のお金の収支をあらかじめ計算しておきましょう。
ローン返済に費やせるお金の限度を確認しておくことで、将来に無理ない負担になります。
 
定年退職した後まで続くようなローンの組み方をすると、年金だけではローンの返済が難しくなるかもしれません。
ローン完済の数年数十年先も見据えたお金の使い方を考えましょう。
 

□まとめ

 
この記事では、住宅ローンにおける頭金の平均と頭金を払う際に考えるべきことを解説しました。
平均はあくまでも目安ですので、家計に合わせて無理のない資金計画を考えましょう。
家づくりでお悩みや不安がある方は、ぜひ当社にご相談ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP