原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

マイホームの駐車場の広さはどれくらい?考える際のポイントもご紹介!

マイホームを建てる際、車がある場合は家の間取りや内装を考える前に駐車場を確保しなければなりません。
広い駐車場なら車が出入りしやすいですが、住居に使えるスペースが減ります。
狭くても使い勝手が悪いので適切な広さを見極める必要があります。
そこで今回は、家づくりにおける駐車場の広さの考え方を解説します。

□駐車場はどれくらいのスペースを確保すべき?

駐車を楽にするなら広いに越したことはないのですが、広くとった分だけ住居に使えるスペースが減るので車の大きさに合わせるのが理想です。
まずは車のサイズを確認しましょう。
車検証やカタログに車の長さ・幅・高さが記載されています。
車を買い替えることを考えて、ミニバン(4.8×1.7×2メートル)が入るスペースを確保することをおすすめします。

もちろん車が入るスペースだけでなく、乗り降りや荷物の積み下ろしのためのスペースも必要です。
前後左右に広めのスペースがあると、たくさん買い物した時もスムーズに荷物を運べます。
それぞれ60センチメートル以上の余裕があると良いと言われ、先ほどのミニバンなら長さ6メートル・幅3メートル程確保しておくとよいでしょう。

ただ、幅に関しては車を駐車場に入れやすくするために広くすることもあります。
住宅街の狭い道路では車を入れる際に何度もハンドルを切る必要があり、出発に時間がかかります。
出口を広くすることでスムーズに出庫できるようになる場合があるので、業者に相談することをおすすめします。

□駐車場を考える際のポイント

駐車場は広い方が余裕を持って車を入れられますが、広すぎても良いわけではありません。
広くとった分だけ住居に使えるスペースが減るので、車の大きさに合わせるのが理想です。

ただし駐車場の広さは、2台以上車を停める必要がある場合や土地が狭く駐車場にあまり空間を使いたくない場合、大家族が楽に乗り降りしたい場合など様々な要因によって変化します。
どの程度の広さにすべきか判断が難しい場合は、実際の住宅での例を参考にしたり施工業者に相談することをおすすめします。
狭い駐車場では入れることができる車も限られるので、買い替えも含め長期的な視野で判断しましょう。

□まとめ

今回は、駐車場の広さを決める際のポイントについて解説しました。
実際に車を入れてから気付くこともあるので、細かいことでもしっかり業者と相談することをおすすめします。
設計や間取りで後悔のないマイホームをご検討の方はぜひ当社にご相談ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP