原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりで後悔したことランキングをご紹介!後悔しないためのポイントとは?

今後の人生を大きく決めていく家づくりには不安が山積みの方も多いのではないでしょうか。
家づくりにおける後悔や失敗しやすいポイントは前もって知っておきたいですよね。
そこで今回は、家づくりで後悔したことのランキングと注意点を解説します。

□家づくりで後悔したことのランキング

1位は、予算の組み方の失敗です。
特に住宅ローンは慎重に組みましょう。
ギリギリにすると毎月の負担が重く急な出費に対応できなくなります。
家の予算は今後のお金の使い方も考えて決めてください。
また土地や建物の予算だけでなく外構にかかる予算は忘れがちなので注意しましょう。

2位は、間取りの取り方の失敗です。
リビングの配置には特に注意しましょう。
広すぎても空調の効率が悪くなりかえって過ごしにくくなるかもしれません。
間仕切りで大きさを変えたり床暖房をつけるなどして対策することもできます。

またコンセントの配線は失敗しやすいので、この部屋では何をしてコンセントはどこにどれくらい必要なのか、綿密に計画しておきましょう。

3位は業者選びの失敗です。
自分の理想の家に沿って業者選びをしましょう。
自然素材を使いたい、おしゃれなカフェのようなデザインがいい、そういった希望は当社のような業者に依頼しましょう。
また、家を建てた後のメンテナンスやいざという時にどれくらい対応してくれるのかは前もって確認しておきましょう。

4位は土地に関する失敗です。
土地に予算を割きすぎると肝心の家にあまりお金がかけられなくなります。
また、家の設計前に土地を購入した場合、広さの問題で思ったような家が建てられない場合があります。
土地の広さと建てられる家の間取りについてはプロに前もって相談しておきましょう。

5位は室温に関する失敗です。
どれくらい夏は暑いのか、冬は寒いのかは住んでから初めて分かります。
過ごしにくい室温では家に対する満足度が下がるので、あらかじめ断熱性能を高くしておきましょう。
光熱費にも関わってくるので断熱対策にはお金をかけることをお勧めします。

□家づくりで後悔しないためのポイント

3つのポイントに分けて解説します。

まず予算は生活費を削らず無理のないようにしましょう。
業者の見積書をしっかり確認して疑問点は残さず質問してください。

次に自分の将来に合わせた間取りにしましょう。
子どもが成長することを考えてあらかじめ子供部屋を用意しておいたり、老後を考えたバリアフリーも後々に役立ててきます。
リフォームを何度もくり返してもお金がかかるので、あらかじめ計画しておく方が安く済みます。

そして、業者選びは慎重に行いましょう。
業者から提示されたプランが魅力的に見えても本当に自分の住みたい家かじっくり考えましょう。
業者によって得意分野も異なりますのでどんな家にしたいかは具体的にイメージしましょう。

また、業者を決めてからも住宅に採用するオプションは慎重に決めましょう。
住んでみると、全く使わなかったということがないよう生活している姿を思い描いてください。

□まとめ

今回は、家づくりで後悔しがちなポイントを解説しました。
長年付き合っていく大きな買い物である家づくりは失敗したくないですよね。
自然素材を取り入れた家づくりに興味をお持ちの方はぜひ当社にご相談ください。

関連記事

  1. セルロース ダブル断熱
施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP