原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりをお考えの方へ!後悔しないためのコツを紹介します!

注文住宅を建てる際、「間取りをどうした方が良いのか」「設備やデザインはどうすれば良いのだろう」といったふうに悩んでいる方もいらっしゃると思います。
そこで今回は家づくりで失敗しないためのポイントを事例を踏まえて紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□家づくりで後悔した事例を3つご紹介!

1つ目は間取りです。
人気の間取りでも実際住んでみないとわからないことが多いです。
例として洗濯物を干す場所や収納する場所までの距離が遠いことや、玄関が狭いことで朝の支度時に家族が密集してしまい、支度時間が遅れてしまうことがあります。
家の間取りを決める際は、今住んでいる家での家族の生活習慣を考えながらつくることをおすすめします。

2つ目は収納スペースです。
収納はとにかく多ければ多いほうが良いと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
収納スペースの後悔例として「収納の高さや幅、奥行きが足りなくてしまいたいものがしまえない」「奥行きが深すぎて無駄なスペースができてしまう」「子供の成長とともに収納スペースが足りなくなってしまった」などがあります。

3つ目は冷暖房効率です。
断熱性が低い家を建ててしまうと、光熱費が高くなってしまいます。
リビングに吹き抜けをつけて解放感ある間取りにしたいとお考えの方は、専門家と相談しながら慎重に決めることをおすすめします。

□家づくりで後悔しないためのコツを2つご紹介!

1つ目は家で過ごしているイメージを明確にもつことです。
自分たちの暮らしはどのようなものなのか、また新しい家ではどのように暮らしたいかなど、イメージを明確に持つことで専門家にも伝えやすく、家づくりがスムーズにいきます。
間取りを決める際も家での暮らしをイメージできれば失敗する可能性は大幅に減ります。
イメージがあまり湧かない方は、実際のモデルハウスなどに足を運ぶことでより明確なイメージが湧きますよ。

2つ目は注文住宅について事前に学んでおくことです。
家づくりは人生で1回、多くても2、3回の方が多いと思います。
たくさんの決断をしてから最終的に家を建てるため、知識がない状態ですと決断するときに迷いが生じ、自分の希望とは違っても専門家に伝えにくくなってしまいます。
専門家に自分のことをはっきり伝えられるよう、本やインターネットを用いて、家づくりに関することを学んでおくと良いでしょう

□まとめ

今回は家づくりで失敗しないためのポイントを、事例を踏まえていくつか紹介しました。
当社はすべてのお客様と真剣に向き合い、安全な住宅を提供させていただきます。
お困りごとがある際はお気軽にお問合せください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP