原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

防犯性の高い家を建てるためのポイントとは?家づくりをする際の参考に!

シンプルな外観に木のアクセント

皆さんは、防犯性を高めるためには何をすれば良いかご存じですか。
空き巣に狙われないようにしたくても、工夫するべきポイントが分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、空き巣に狙われやすい家の特徴と防犯性を高めるためのポイントを紹介します。
家づくりをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□空き巣に狙われやすい家とは?

まずは、空き巣に目をつけられやすい家の特徴について解説します。
防犯対策を行うためには欠かせない内容となっていますので、ぜひお役立てください。

1つ目は、人通りが少ない家です。
人目が少ない家や人通りが少ない家は、空き巣に狙われやすいです。
一方で、人通りが少ない場合でも、近所の人みんなが顔見知りの状態だと空き巣は入りにくいでしょう。

2つ目は、入りやすく、逃げやすい家です。
もしあなたが空き巣だとしたら、簡単に侵入でき、すぐに逃げられる家を狙いますよね。
ここで逃げやすいというのは、人混みに紛れて逃げられるということです。
そのため、駅や商業施設などに近くにある家は注意しましょう。

3つ目は、留守の時間が多い家です。
仕事があるため日中はずっと家にいないというご家庭も多いと思います。
空き巣が留守かどうかを判断する際に、インターホンを押すこともあります。
また、郵便受けにチラシや新聞がたくさんあると留守と判断されるリスクもあるため気をつけましょう。

□防犯性の高い家にするためのポイントについて

これまでは、空き巣に狙われやすい家の特徴について解説しました。
次は、防犯性を高めるためのポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

まずは、侵入口のトップである「窓」を対策することです。
空き巣の侵入口は窓が最も多いため、窓の防犯対策がとても大切です。
防犯ガラスはとても効果的ですが、費用を抑えるなら防犯フィルムを貼る方法もあります。また、窓の鍵本体は防犯仕様になっていないことも多いため、サッシや水返し部分に補助錠を取り付けるのも良いでしょう。

光や音で防犯対策をすることも一つの方法です。
空き巣にとって光と音は大敵です。
隣家との間や家の裏側など死角となる場所には、センサーライトや防犯カメラを取り付けましょう。
また、外構がある家の場合、歩くと音が鳴る防犯砂利を敷いておくのもおすすめです。

□まとめ

この記事では、防犯性の高い家を建てるためのポイントを紹介しました。
また、空き巣に目をつけられやすい家の特徴についても解説しました。
どのようなポイントに注意して家づくりを行えば良いのかお分かりいただけたと思います。
家づくりに関して疑問をお持ちの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP