原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりをお考えの方必見!災害に強い家を建てるためのポイントを紹介します!

皆さんは、災害に強い家を建てるためにはどのようなポイントを重視すれば良いのかご存じでしょうか。
日本で家づくりをするには、災害への対策が欠かせませんよね。
そこで今回は、災害に強い家を建てるためのポイントを紹介します。

□災害に強い家を建てるための3つの条件とは

まずは、災害に負けない家を建てるためのポイントを3つ紹介します。
ぜひ参考にしてください。

1つ目は、立地です。
この場合の立地とは、家がある場所、つまり土地の地盤や地形などを指します。
河川の近くにあるかどうか、周囲よりも高い場所にあるか、などはとても大切なポイントなので意識しましょう。

2つ目は、構造です。
構造とは、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの工種、または主要構造部がどのように造られているかなどを指します。
また、家の形状や高さなども災害への強さに影響を及ぼすため把握しておきましょう。

3つ目は、間取りや設備です。
壁の数が多くバランスの良い配置の間取りほど、揺れに強い家になります。
また、災害が起きた後も生活になるべく支障が出ないような設備選びも大切です。
電気や水道などのライフラインが長時間止まってしまうことを想定して決めていきましょう。

□地震、水害、暴風に強い家の特徴について

ここまでは、災害に強い家を建てるための3つの条件を紹介しました。
次は、地震、水害、暴風のそれぞれに強い家の特徴を紹介します。
ぜひお役立てください。

まず地震に強い家にするためには、高い耐震性能が必要になります。
また、地震が発生した際の逃げ道を確保するために、大きな収納家具を造り付けにしたり、逃げやすい配置計画にしたりすることも大切です。
十分な強度の構造体を維持できるように、定期的にシロアリ対策も行いましょう。

水害に強い家の特徴は、床上浸水に強いことです。
もちろん床下浸水でも被害はありますが、雨水が床上に到達すると被害は格段に広がってしまいます。
2階にリビングや水回りを配置することで、1階部分が浸水しても最低限の生活は確保できるでしょう。

暴風に強い家は、風の巻き上げ力への対策が行われている家です。
奥行きの広い軒先や庇は、下から強い風が巻き上げると飛んでいくことがあるので気をつけましょう。

当社では、制震装置によって、耐震工法をアシストし、耐震性能を守っています。
また、シロアリ対策もしっかり行っているため、倒壊の危険性もありません。
災害に強い家にしたい方は、ぜひ当社にお任せください。

□まとめ

この記事では、災害に強い家を建てるための条件を紹介しました。
また、地震、水害、暴風に強い家の特徴についても解説しました。
どのようなポイントを意識して家づくりを行えば良いのかお分かりいただけたと思います。
災害に強い家を建てたい方は、ぜひ当社までご連絡ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP