原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりを検討中の方へ!よくあるトラブルとその予防策について解説します!

家づくりを検討されている方はいらっしゃいますか。
本記事では、家づくりをされる際に気を付けていただきたいことを紹介いたします。
家づくりを目前として何か不安なことがある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

□注文住宅を建てる際に起きやすいトラブルについて

注文住宅を建てる際に、よく起こるトラブルとはどのようなものでしょうか。
よく起こるトラブルとして、3つのことが挙げられます。

まず、想定していた完成品と違った場合です。
これは、打ち合わせが不十分であることにより、起こりうるトラブルです。
自分が持っているイメージをきちんと伝え、意見の入れ違いを起こさない為にも、業者との打ち合わせは十分に行いましょう。

次に、工期が遅れるトラブルです。
工期が遅れる原因として、天候トラブルや自然災害によるものが多いでしょう。
通常は、4ヶ月から6ヶ月で工事が終わるため、そのタイミングで今お住いのお家を退去されると思います。
もし仮に工事が遅れてしまい、今のお住いの退去のタイミングが合わないと、仮住まいをご用意いただく必要があります。
今のお住い、仮住まい、新居と短期間で通勤通学方法が変わってしまうと、慣れてないトラブルも起きやすくなるのでご注意ください。

最後に、近隣住民とのトラブルです。
工事の作業音などは、近隣住民の迷惑となります。
しかし、仕方がないものですので、作業に入る前に近隣住民に挨拶をするのがよいでしょう。
今後のご近所関係をよりよくするためにも、ご近所挨拶は徹底しましょう。

これらが、よく起こるトラブルです。
他にも、施工への不満や費用のオーバーというトラブルも起こりえますので、注意しましょう。

□トラブルを防ぐには

トラブルを防ぐために、4つの方法をご紹介いたします。

1つ目は、打ち合わせでは図面を確認することです。
完成品を見てから見落としに気づいては、取り返しがつきません。
そこで、図面を確認することで、イメージと違う点や見落としていた点に気づけます。
万が一、設計図や書面を見ても内容が理解できない場合は、積極的に業者の方に聞くようにしましょう。

2つ目は、信頼できる担当者を選ぶことです。
担当者と合わないと感じた場合は、担当者を変更できます。
担当者によって考え方が微妙に異なりますし、皆様との相性の問題もあります。
違和感を感じた際は、住宅会社へ気兼ねなく相談しましょう。

3つ目は、現場見学をすることです。
現場見学をすることにより、イメージと違ったというトラブルを防げるでしょう。
実際に現場で、自分の目でチェックすることで、万が一の事態を防ぎましょう。

4つ目は、住宅瑕疵担保責任保険への加入を確認することです。
住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅に欠陥があった場合、修補するための費用を保険会社から補填してもらえる保険です。
この保険は、注文住宅を建設する際の加入が義務づけられている保険です。
加入をしているか確認をしましょう。

□まとめ

注文住宅を建てる際のトラブルについて、ご理解いただけたでしょうか。
ご不明点がおる方は、ぜひ当社までご相談ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP