原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりを検討中の方必見!快適な生活の条件について解説します!

皆さんはマイホームにどのような機能を求めますか。
「リラックスできる家」「家事が楽になる家」このように様々な条件があるでしょう。
そして、快適に生活できる家には条件があります。
今回はマイホームで快適な生活を送る条件について紹介します。

□マイホームで長く快適に暮らすための条件とは?

1つ目の条件は基本的な性能です。
基本的な性能とは、耐震性、防音性、断熱性能などを指します。
これらの性能が優れていて、長期間維持できることが大切です。

2つ目は風通しと光を適切に取り入れることです。
住宅地では周囲の状況によって、思い通りの窓を設置できない場合があります。
近年では窓の配置を工夫しているメーカーも増えています。

3つ目は広く感じられる空間を実現することです。
住宅を建築する土地によって部屋に使用できる面積は変化します。
中には広い面積を用意できない方もいらっしゃるでしょう。
しかし、面積以上に広く感じるようにすることは可能です。

4つ目は将来的にリフォームが可能なことです。
ライフステージによってライフスタイルは変化します。
例えば高齢になってバリアフリーに対応するリフォームを行う例があります。
しかし、リフォームをする際の自由度が低い住宅の場合、思ったようにリフォームができません。

5つ目はメンテナンスを適度に行うことです。
住宅の性能は経年により低下する傾向があります。
そのため、一定期間ごとにメンテナンスを行う必要があります。

6つ目は愛着を持つことです。
マイホームに限らず、愛着を持つことで大切に扱いますよね。
こだわればこだわるほど、愛着を感じるでしょう。

□実際に身体で感じる快適性は断熱性能がポイント

日本は高温多湿で四季がある国です。
夏は暑くて冬は寒い、季節によって大きな気候の変化があります。

人によって温度の感じ方は異なりますが、断熱性能が低いお家だと、例えば夏の場合、外の熱い空気がお家の屋根や外壁から伝わり、エアコンを付けていても部屋によってなかなか冷えなかったり、室温のムラができてしまいます。

一方、断熱性能の高いお家だと、外気の影響を受けずに、エアコンで調整した快適な温度に保つことに繋がります。
寒い冬でも同様です。
外の冷たい空気を室内に伝えず、暖房をつけてもなかなか暖まらないということがなくなります。

□まとめ

今回はマイホームで快適な生活を送る条件について紹介しました。
お家に求める「快適さ」は人それぞれ異なりますが、せっかくのマイホームですので様々な面で「快適な」お家をご検討ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP