原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりのお悩みを解決!自然素材を使った家のメリットとは?

自然素材の家と聞くと人によってさまざまなイメージを想像するでしょう。
一言で自然素材といっても正確な定義はなく化学物質を含まない素材を使って建てた家を指す場合が多いです。
そこで今回は自然素材を使った家のメリットについて紹介します。
家づくりでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

□自然素材を使った家のメリットとは?

*漆喰

漆喰の特徴は空気中に存在する二酸化炭素を吸収し、ゆっくりと時間をかけて固まっていくところです。
ゆっくりと年月をかけて固まっていくため、住めば住むほど家に味が出て愛着がわきます。
漆喰を塗った壁では除湿効果を発揮し、夏の湿度や冬の乾燥を防ぎます。
さらに燃えない素材であるため防火対策の効果もあります。

*珪藻土

珪藻土とはプランクトンの化石を原料とした土です。
珪藻土はバスマットによく使用されているほど湿度調節に優れています。

また、これ自体が湿気を吸収したり排出したりするため部屋の匂いを吸収してくれ、消臭の効果もあります。
加えて、特徴として内部に小さな穴が空いているため音の吸収もできます。
室内の音を外部に漏れにくくできるのも魅力です。

*無垢材

無垢材は天然の木材が使用されており、肌触りが良く時間の経過によって木が変化をしていき、家に味が出てきます。
特徴としては断熱や保温効果があるため年中快適な生活を送れます。
他には木に含まれている油によってダニやカビの発生を抑え、空気を清潔に保てます。

□家を建てる前に知っておきたいことについて

ここまでは自然素材を使った家のメリットについて紹介しました。
メリットについての理解は深まったと思います。
ここでは自然素材の家を建てる前に知っておきたいポイントについて紹介します。

まずは集成材と無垢材の違いについてです。
無垢材は天然の木を使用しますが、集成材は薄くカットされた木材が接着剤で張り合わされています。
見た目は両方とも木のように見えますが天然の木を使用する場合では家が建ってからも呼吸を続け、さまざまな効果により快適な生活を送れます。
また、化学物質によるアレルギーの心配をする必要がありません。

次に自分に合った自然素材についてです。
自然素材には上記で述べたもの以外にもたくさん存在します。
自然素材を使用するときは気になるものをピックアップして特徴を見てみましょう。
個性的な自然素材の特徴を知ることでどんな素材を使うのが良いのかが分かってくるでしょう。

□まとめ

今回は自然素材を使った家のメリットについて紹介しました。
家づくりでお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP