原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

理想的なリビングにしたい!そのような方に家づくりをご紹介します!

小料理屋風カウンターキッチン

家のリビングにはこだわりたいですよね。
リビングを作る際は、ダイニングやキッチンとの動線を気にしたり、広さにこだわったりすると良いです。
また、リビングの照明はダウンライトがおすすめです。
そこで今回は家づくりをする方に、リビングのこだわりたい条件やおすすめの照明を紹介します。

□リビングでこだわるべき条件とは

リビングは家族全員が集まる場所ですよね。
そのためリラックスできる空間にしたい方は多いのではないでしょうか。
ここではリビングを快適にするために、こだわりたい条件を3つ紹介します。

まずは、広さです。
リビングは家族と過ごすだけでなく、お客さんをもてなす場所でもありますよね。
リビングはある程度の広さがあることで、開放的な雰囲気になります。
ここでの「広さ」は、ただ床面積が広いという意味ではなく、視覚的に広いということです。

つまり、天井の高さや間仕切りの有無が影響します。
例えば同じリビングでも、隣接するキッチンとダイニングの間に壁がない方が広く感じます。
また、吹き抜けを取り入れることで、解放感が増します。
このように、視覚の通りやすさを意識してリビングを作りましょう。

次は、採光や通風です。
太陽の光が差し込む部屋は気持ちが良いですよね。
また風が適度に通るリビングは、居心地が良いので家族が自然に集まるでしょう。

このようなリビングを作るためには、窓の大きさと配置が非常に重要です。
設計をする段階で、窓を設置できる方角を確認したり、窓の種類をしっかり検討したりしましょう。
さらにリビングにおける大きなポイントに、換気のしやすさも挙げられます。
なぜならリビングはホコリが舞いやすく、隣接しているキッチンからニオイが流れてくるからです。

3つ目は、キッチンやダイニングとの動線です。
リビングは隣接するキッチンやダイニングとの繋がりが重要です。
この繋がりが良いとスムーズに3つのスペースを移動できます。
そのため、事前に動線をイメージして間取りを決めることが重要です。

□リビングにおすすめの照明を紹介します!

リビングは食事をしたり、くつろいだりする場所です。
また小さいお子様がいる家庭は、リビングで勉強をすることもあるでしょう。
そのため、リビングの照明は用途に合わせた色にしたいですよね。
そこでおすすめなのが、ダウンライトです。

ダウンライトは明るさを調整したり、暗くなりがちな端のスペースを明るく照らしたりできます。
さらに近年ではデザイン性も向上しているので、おしゃれなリビングになりますよ。

□まとめ

今回は家づくりをする方に、リビングのこだわるべき点やおすすめの照明を紹介しました。
リビングを作る際は、広さにこだわったり、ダイニングやキッチンとの動線を気にしたりしましょう。
またリビングにはダウンライトの照明がおすすめです。
家づくりにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. シンプルな外観
施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP