原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

家づくりは失敗したくないですよね!注意点を紹介します!

シンプルな外観

家づくりでの失敗は避けたいですよね。
そのためには、可変性のある間取りにしたり、自分の常識を捨てたりすることが重要です。
また、意外に失敗しやすいポイントとしてコンセントの位置が挙げられます。
そこで今回は家づくりをする方に、注意点と意外に失敗しやすいポイントを紹介します。

□家づくりをする際の注意点とは

家づくりをする前にポイントを把握することで、ある程度の失敗は避けられます。
ここでは、注意点を3つ紹介します。

1つ目は、可変性のある間取りにすることです。
失敗の例として、造り付け家具が挙げられます。
これにより、後々模様替えができないなどの後悔が出てくる可能性があります。

特に洗面脱衣室や寝室、子供部屋は可変性を残すことをお勧めします。
なぜなら、子供の成長に合わせて部屋を変えられるからです。
また、家が2階建ての方は多いのではないでしょうか。
そのような場合は、老後のことを考慮して1階だけで生活できるように計画しましょう。

2つ目は、家事動線にこだわりすぎないことです。
近年人気の「回遊動線」をご存知ですか。
これは、家事動線を重視することで、家事効率を上げることです。
しかし、それにこだわりすぎると日常的なストレスに繋がる可能性があります。

3つ目は、自分の常識を捨てることです。
「夫婦は同じ部屋で寝るもの」「子供部屋は最低6畳」
このような思い込みをしている方はいらっしゃいませんか。

生活をしていると、相手のいびきで目が覚めてしまったり、生活サイクルが違ったりすることもあるでしょう。
そのような場合は、もう1つ広い寝室を作るのではなく、どちらかが客間兼用の和室で寝るスタイルにすると良いです。
それにより、間取りにロスが生まれません。

□意外に失敗しやすいポイントを紹介します!

意外に失敗しやすいポイントにコンセントの配置が挙げられます。
例えば料理が好きな方は、キッチンにコンセントが多くあった方が良いですよね。
それにより、オーブンやミキサーなどの家電を多く使用できます。
家の間取りを考える際は、家電の場所や生活動線をイメージするとコンセントの位置が決めやすくなります。

□まとめ

今回は家づくりをする方に、注意点と意外に失敗しやすいポイントを紹介しました。
家づくりで失敗を避けるためには、自分の常識を捨てたり、可変性のある間取りにしたりすることが重要です。
また、コンセントの位置は意外と失敗しやすいので注意しましょう。
家づくりをお考えの方はぜひお問い合わせください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP