原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

高気密高断熱のマイホームは何が良いのかご説明します!

セルロース断熱の壁

マイホームを持ちたいとお考えの方で、高気密高断熱の住宅にしようかお悩みの方はいらっしゃいませんか。

高気密高断熱の住宅は省エネブームによって広く認知されましたが、どのようなメリットがあるのかわからないという方もいらっしゃると思います。

そのため、本記事では高気密高断熱の住宅の良さをご紹介します。

□高気密高断熱とは

高気密高断熱とはそもそも何を指しているのかわからないという方もいらっしゃると思います。

そのため、本記事ではまず高気密高断熱とは何かについてご紹介します。

まず、高気密とは建物の隙間を限りなく少なくして、空気の出入りを最小限にすることです。

次に、高断熱とは室内外へ温度を伝えにくい素材を用いることで、室温が外気の温度に左右されないようにすることです。

住宅が高気密高断熱になることで、住宅全体が密閉かつ保温された状態になり、冷暖房の効率が上がるため光熱費を抑えられ、二酸化炭素の排出も減らせます。

つまり、高気密高断熱の住宅は家計にも地球にも優しい住宅と言えます。

□高気密高断熱のメリットとは

次に、高気密高断熱住宅のメリットについてご紹介します。

本記事では3つのメリットをご紹介します。

1つ目は、光熱費を削減できることです。

高気密高断熱の住宅は室内の空気が逃げにくいため、冬の寒さや夏の暑さの影響を受けにくいです。

そのため、エアコンや暖房器具をあまり使う必要がなく、光熱費を削減できます。

2つ目は、ヒートショック予防になることです。

ヒートショックとは、気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起きることです。

冬場に廊下や洗面所、トイレなどが寒いと感じる方もいらっしゃると思います。

高気密高断熱の住宅では室温差が通常の住宅と比較して少ないため、寒いと感じることが減少し、ヒートショックのリスクも軽減されます。

3つ目は、掃除の負担を減らせることです。

室内の壁表面温度が均一になるため、空気の対流による静電気が発生しなくなり、壁にホコリが付きにくくなります。

壁に付いているホコリは取るのにも一苦労ですよね。

壁にホコリが溜まってしまうと黒ずみになってしまうこともあるため、大きなメリットと言えるでしょう。

□まとめ

本記事では、高気密高断熱の住宅の良さについてご紹介しました。

本記事を通して、高気密高断熱の住宅の良さを理解していただけたら幸いです。

また、当社はさまざまなコンセプトでの住宅づくりを行っているため、マイホームがほしいという方はお気軽にご相談ください。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP