原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

マイホームの維持費はどのくらい?住宅会社が解説します!

マイホームには維持費が必要だということをご存じでしょうか。

しかし、実際にどのような種類の維持費がかかるか知っているという方は少ないでしょう。

そこで今回は、一戸建てにかかる維持費の種類や費用をご紹介します。

維持費を抑えるポイントも紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

□一戸建てにかかる維持費の種類と平均費用とは?

一戸建てにかかる維持費には大きく分けて3つの種類があります。

1つずつ確認していきましょう。

1つ目は、固定資産税や都市計画税などの税金です。

マイホームなどの不動産には、固定資産税や都市計画税がかかります。

固定資産税の額は、建物や土地の不動産評価額によって決まります。

一般的な戸建ての固定資産税は、年間10万円から15万円程度が相場です。

2つ目は、地震保険や火災保険などの保険料です。

一戸建てを購入する際に、火災保険や地震保険に加入する方は多いでしょう。

住宅ローンを組む際は、保険加入が義務付けられます。

保険に入ることで年間1万円から2万円程度必要になるでしょう。

3つ目は、住宅の修繕費用です。

この費用も、家を適切に維持するためには必要です。

一般的に、築10年を超えると外壁や水回り、クロスの張替えなど定期的な修繕が必要となります。

修繕費用は場所や時期によってばらつきがありますが、一度に20万円から120万円かかることが多いです。

これらの金額が一戸建ての維持費として必要なので、頭に入れておきましょう。

□一戸建ての維持費を抑えるポイントをご紹介!

維持費として、たくさんの費用がかかることをご紹介しました。

できれば維持費を抑えたいと思った方も多いのではないでしょうか。

そこで、維持費を抑えるポイントを2つご紹介します。

1つ目は、メンテナンスが少なくすむ素材や施工方法を選ぶことです。

固定資産税や保険の額を減らすことは難しいです。

そのため、長持ちする家を建てるために素材や施工方法を工夫することが大切です。

2つ目は、補修を早めに行うことです。

修繕をするとなると、1箇所につき100万円以上かかることもあります。

状態が悪いとその分修繕費が上がってしまうため、新築時に長期の修繕計画を立てて定期的にチェックをし、修繕箇所があれば早めに補修しましょう。

□まとめ

今回は、マイホームの維持費についてご紹介しました。

維持費として年間にかかるお金をあらかじめ把握しておくことで、慌てずに対応できるでしょう。

当社は、注文住宅の建築を承っております。

注文住宅の建築でお悩みの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 漆喰
施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP