原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【平屋の魅力 その3】

60歳を超えたお客様がいらっしゃった場合、

住宅会社は当たり前のように

2階建てではなく平屋をすすめます。

 

他方、30代のお客様がいらっしゃった場合、

住宅会社は当たり前のように

平屋ではなく2階建てをすすめます。

 

これは一見、そのお客様に合わせた

合理的な提案のように感じるかもしれません。

しかし、この提案は、

果たして本当に正しい提案といえるのでしょうか?

 

おはようございます。

大分市内で地域密着の工務店、㈱PASの白石です。

 

というのも、

30代の人だってやがて60代になるので、

それなら先のことまで見通した

間取りにしている方が合理的だからです。

 

歳をとってから、

1階の部屋や収納不足を理由に

1階に増改築工事をすることになれば、

大切な老後資金をたくさん

失うことになってしまいますしね。

 

今のことだけを考えないこと

 

では、なぜ住宅会社は

そのような提案をしてしまうのかと言うと、

お客様だけじゃなく、

住宅会社も今のコトを中心に

間取りを考えてしまうからです。

 

まー、若いうちは

階段の昇降もどれほど苦じゃないし、

親は子供たちにプライベート感たっぷりの

個室を与えてやらなきゃと思っているし、

家といえば2階建が普通的な

先入観がどうしても頭の中に

刷り込まれてしまっているから、

仕方ないといえば仕方ないんですけどね。

 

とはいえ、現実は、

2階をつくっても小さな子供たちは

自分の部屋を使いにくいし、

近い将来、進学や自立によって

子供たちは家を出て行くでしょうし、

歳をとれば階段の昇降が

確実にしんどくなるんですけどね。

 

ランニングコストまで考慮した提案が大切

 

家を建てる時、

最初にかかる建築コストばかりに

目を向けてしまいますが、

生涯、維持し続けていかないといけないので、

ランニングコストにもしっかりと目を向けないと、

手痛い出費を重ね続けていくことになってしまいます。

 

生涯ローンでもある光熱費はもちろんのこと、

家と土地の両方にかかる固定資産税、

それから外の部材の劣化を防ぐための修繕費用、

そして、数十年後必要になるであろう

増築や改築といった費用のことですね。

 

これらを踏まえて考えると、

『平屋』は非常に合理的な考え方です。

 

平屋にすれば、

全ての部屋と収納が1階に集約されているため、

老後になっても部屋や収納不足に困ることもありません。

それゆえ、将来増築する必要がありません。

 

また、2階に上がる必要がないので、

足腰が弱くなってしまった時も、

掃除や洗濯のために

いちいち階段の昇降をする必要もありません。

 

さらに、平屋にすれば

メンテナンスとして行う外壁などの塗り替え工事の際も、

外部足場を組む必要がないため、

それにかかるコストも抑えることが出来ます。

 

つまり、歳をとっても住みやすいだけじゃなく、

歳をとってからの出費を最小限にしてくれるのが

『平屋』というわけですね。

 

ということで、もちろん今のことも大切ですが、

今だけじゃなく、ずっと先のことも見据えた上で、

家づくりをしていただければと思います。

 

では、次回も、

また違った視点から平屋の魅力について

お伝えしたいと思いますのでお楽しみに!

 

それでは、、、

 

 

★ずっと元気に健康を考えた自然素材の家づくり

「原樹(げんき)ハウス」X「SIMPLE NOTE」★

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP