原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ      
 

【住宅ローン控除とiDeCoと その2】

前回の記事でお伝えしたように、

住宅ローン控除制度を効率よく利用しつつ、

かつ個人型確定拠出年金iDeCoに加入すれば、

そうしなかった方に比べると、

より多くのお金を手元に残すことが出来ます。

 

そしてそれは、

前回お伝えさせていただいた

共働きのご家庭だけじゃなく、

単独で住宅ローンを借りる

ご家庭の場合でも同じことが言えます。

 

おはようございます。

㈱PASの白石です。

 

ということで、今回は、

単独で住宅ローンを借りると仮定して、

お伝えしていきますね。

 

では、年収を550万円(10年間このままの給料とします)、

住宅ローン借入を3000万円、金利を1%、返済は35年、

住宅ローンの返済開始を1月、

納めている所得税を年間15万円(所得税の税率は10%)

納めている住民税を年間30万円(住民税の税率は10%)と仮定し、

その恩恵がどれくらいになるのか?計算していきます。

 

まずは、その年ごとの年末の借入残高を計算します。

 

(年末借入残高)

1年目:2928万円

2年目:2856万円

3年目:2782万円

4年目:2708万円

5年目:2634万円

6年目:2558万円

7年目:2482万円

8年目:2404万円

9年目:2326万円

10年目:2248万円

 

続いて、この年末の借入残高をもとに、

還付される税金の上限額を計算します。

(還付される税金の上限額=年末借入残高×1%)

 

1年目:29.28万円

2年目:28.56万円

3年目:27.82万円

4年目:27.08万円

5年目:26.34万円

6年目:25.58万円

7年目:24.82万円

8年目:24.04万円

9年目:23.26万円

10年目:22.48万円

 

そして、住宅ローン控除額を計算していきます。

 

1年目:29.28万円-15万円(所得税)-13.65万円(住民税)

=0.63 万円(控除しきれなかった額)

(住民税の控除上限額は136,500円です)

2年目:28.55万円-15万円(所得税)-13.55万円(住民税)=0円

3年目:27.82万円-15万円(所得税)-12.82万円(住民税)=0円

4年目:27.08万円-15万円(所得税)-12.08万円(住民税)=0円

5年目:26.33万円-15万円(所得税)-11.33万円(住民税)=0円

6年目:25.57万円-15万円(所得税)-10.57万円(住民税)=0円

7年目:24.81万円-15万円(所得税)-9.81万円(住民税)=0円

8年目:24.03万円-15万円(所得税)-9.03万円(住民税)=0円

9年目:23.25万円-15万円(所得税)-8.25万円(住民税)=0円

10年目:22.47万円-15万円(所得税)-7.47万円(住民税)=0円

 

これら全てを合計すると、

258.56万円もの税金が返ってくることになるのですが、

3000万円の住宅ローンを、

金利1%・35年返済で借りた場合の

総支払金利は556.81万円なので、

実質余分に払ったお金は298.25万円ということになります。

 

“iDeCo”を利用することによってさらにカット!?

 

そして、所得が高い人こそ

必ず掛けておいていただきたいのが

個人型確定拠出年金の“iDeCo”です。

 

というのも、iDeCoを利用すれば、

さらなる節税メリットを享受出来るからです。

では、仮にiDeCoに

毎月2万円支払うようにしたらどうなるのか?

計算していってみますね。

 

20,000円×12ヶ月=240,000円

(iDeCoによって積立される年間の年金額)

240,000円×10%(所得税の税率)=24,000円

(iDeCoによって還付される所得税額)

150,000万円―24,000円=126,000円

(住宅ローン控除によって還付される所得税額)

 

240,000万円×10%=24,000円

(iDeCoによってカットされる住民税額)

住宅ローン控除によってカットされる

住民税の上限額=136,500円

 

では、これを当てはめて計算していってみましょう。

 

・iDeCoによる恩恵

24,000円×10年=240,000円(還付される所得税額)

24,000円×10年=240,000円(カットされる住民税額)

合計:480,000円

 

・住宅ローン控除による恩恵

1年目:29.28万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

3.03万(控除しきれなかった額)

2年目:28.55万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

2.3万(控除しきれなかった額)

3年目:27.82万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

1.57万(控除しきれなかった額)

4年目:27.08万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

0.83万(控除しきれなかった額)

5年目:26.33万円-12.6万円(所得税)-13.65万円(住民税)=

0.08万(控除しきれなかった額)

6年目:25.57万円-12.6万円(所得税)-12.97万円(住民税)=0円

7年目:24.81万円-12.6万円(所得税)-12.21万円(住民税)=0円

8年目:24.03万円-12.6万円(所得税)-11.43万円(住民税)=0円

9年目:23.25万円-12.6万円(所得税)-10.65万円(住民税)=0円

10年目:22.47万円-12.6万円(所得税)9.87万円(住民税)=0円

 

合計251.38万円

 

・iDeCo+住宅ローン控除の恩恵

=480,000円+2,513,800円=2,993,800円

 

このような計算結果となり、

iDeCoに加入したことで、

住宅ローン控除の恩恵を

合計で71,800円減らしてはしまったものの、

iDeCo加入による節税が

480,000円あることから、

住宅ローン控除だけの時よりも、

さらに408,200円税金の還付が受けられる

というわけなんですよね。

 

つまり、実質余分に払うことになるお金298.25万円を

さらに40.82万円カット出来るため、

実質余分に支払うことになるお金は、

257.43万円になるというわけです。

 

しかも、iDeCoを掛けることによって、

240万円(2万円×12ヶ月×10年)

将来受け取れる年金が増えたことにもなりますしね。

 

いかがですか?

 

前回に引き続き、

数字の羅列となってしまったため、

非常に読みにくい記事になってしまったかもしれませんが、

こういった側面から考えても、

家づくりをする時には、

いかにお金のことについてきちんと考えるべきなのか、

ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

ということで、

住宅ローンの正しい知識をつけることはもちろん、

住宅ローン控除やiDeCoや生命保険などについても、

正しい知識をつけていただきながら、

家づくりをしていただければと思います。

 

同じ収入でも、

お金のことを知っているが知らないかで、

確実に、将来大きな差が生まれることになりますから!

 

それでは、、、

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP