原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【家づくりで後悔しないために~大切な、屋根のお話~】

こんにちは!原樹ハウスです♪

一生に一度の買い物ともいわれる「家づくり」。

後悔のないものをしっかりと作っていきたいですよね。

 

これまで、自社・他社問わず様々な建築現場の話を様々な方から聞いてきました。

そこで聞いた、とある他社のお客様の「屋根」のお話についてご紹介します。

 

屋根は、外から順番に 瓦・ルーフィングシート・野地板という順になっています。

野地板は、屋根材を支える板のこと。

ルーフィングシートは、屋根の防水をしてくれるシートのことです。

 

多くの会社では、この野地板に合板を使っていることがほとんどです。

合板は一定の規格・品質が保てるので施工上便利なのですが、化学接着剤でくっつけて加工されているという特徴があります。

 

この「化学接着剤」が屋根の弱点になってしまうことがあるんです。

屋根の通気対策を十分にしていないと、内部結露が起きたときに傷みやすくなる原因となります。

 

そしてこのお話のお客様のところでは、約2年で結露が原因でボロボロになっており、修理が必要な状況となってしまいました。

 

原樹ハウスでは、屋根に昔ながらの杉でできた「ラス板」を活用しています。

このラス板は接着剤などで繋げることはしておらず、木の特性を十分に活かした屋根材といえます。

 

 

そのうえ、通気・結露対策をとても大切にしており、安心して身体に優しい家に長く住むことができるつくりに。

ぜひ一度、見学会等でその工夫について聞いてみてください♪

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP