原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【夏に涼しいお家をつくるためのアイデア】

こんにちは♪原樹ハウスです!

暑い夏らしい日々が続いていますね♪

 

家づくりの段階で「夏に涼しく過ごせる家をつくるには…」というご希望を叶えるための一工夫をご紹介したいと思います!

 

構造上の観点からお答えすると、夏の暑さは「屋根と窓」の対策が重要となります。

屋根は最も激しい熱を受けやすく、窓は最も熱が屋内に流入しやすいところです。

それぞれの対策方法を見ていきましょう。

 

屋根は、しっかりと通気をとることが大切です。

太陽の光・熱を最も受ける屋根は、お家の中でも最も高温になりやすく、真夏の屋根裏の気温は50℃以上になることも。

熱せられた空気を外に流すためにも、屋根裏の通気を良くすることが大切です。

また、それに追加で反射材を設けるのも良いでしょう。

熱をしっかりと反射してくれるため、屋内がより快適になりますよ。

 

 

窓は、熱の流入が激しい箇所に遮熱対策のされた窓を採用しましょう。

窓ガラスだけじゃなく、サッシも熱流入の弱点となるので、併せて対策が必要です。

 

また、夏の日差しを直接屋内に入れないようにするために、軒(のき)や庇(ひさし)を設けるのも良いですね。

もし、デザインや外観を重視して軒や庇をつけない際は、窓・サッシの遮熱対策を十分にしましょう。

 

以上の対策を家づくりの段階で考えて、より過ごしやすいお家をつくっていきましょう!

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP