原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【ヒートショック対策が、お家の快適さをつくる】

こんにちは♪ 原樹ハウスです。

皆様は「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか。

主に冬場に話題にあがる、家づくりにもかかわる大切な問題です。

 

多くの日本の木造住宅では、家族の集まるリビングと廊下や水回りを比べると、約5~10度ほどの温度差が生まれます。

こうした暖かいところから寒いところに移動して温度が急激に変化したときに、血圧が上昇・下降して身体に負担をかけた際に起こるのが「ヒートショック」です。

最もヒートショックが起こりやすいのは、冬場のトイレや浴室ともいわれています。

 

こうしたヒートショックをお家で引き起こしてしまうのは、温度差が生まれやすい作りになっていることも一つの要因です。

 

単純に冷暖房だけでお家をコントロールしようとしても、家自体が熱を外へ逃がしやすい作りだと、結局温度ムラが生じてしまいます。

 

だからこそ、お家の高断熱・高気密化が重要となってきます。

断熱とは、外壁や窓などの外気に触れる部分から寒さや暑さの影響を受けないように熱を遮断すること。

気密とは、密閉したお家から気体が出入りする隙間を無くすことです。

 

 

つまり、高気密・高断熱の家を実現すると、外気温から大きな影響を受けることが無く、室内の温度を一定に保ってくれる家になります。

 

このようにヒートショックのことを考えた家づくりをすることで、冷暖房をあまり使わずとも、年中快適な家を作ることができるのです。

今流行りのパッシブデザインにも近づく家づくりですね。

 

快適で省エネ、環境にも家族にも優しい家づくりのためにも、ぜひ一度住宅の性能もしっかり考えてみてくださいね。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP