原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【住宅のプロが考える、光熱費を意識した家づくり】

こんにちは♪ 原樹ハウスです。

「今年の冬も、そういえば暖房をたくさん使ったな…」

「今は良いけど、これから夏に向けてまた光熱費が上がりそう…」と、心配をされている方も多いのではないでしょうか。

そこで「光熱費を抑える家づくり」についてご紹介をしたいと思います。

 

まず初めに、高気密・高断熱にこだわり、家の性能をアップさせることが重要です。

住宅がまるで魔法瓶のように熱を逃さない作り、そして余計な熱を外から取り入れない作りになっていれば、快適な屋内環境を低エネルギーで実現できるからです。

 

次に大切なのは、できる限り屋内に間仕切りを作らないようにすること。

間仕切りがあることで、熱エネルギーや冷暖房の空気が家全体に回りづらくなります。

少ないエネルギーで家全体の温熱環境を調節するために大切なんですね。

 

そして、さらに重要なのが窓の性能を高めることです。

家の断熱・遮熱の最大の弱点は窓と言っても過言ではありません。

窓の対策をすることで、家の弱点をカバーできるのです。

そしてその窓の対策も、全ての窓に一律の対策ではいけません。

方角によって、弱点の種類が変わってきます。

 

 

例えば、南側の窓は基本的に断熱タイプの窓を用いましょう。

夏の強い日射を防ぎながら、冬場に取り込みたい日差しを取り入れるようにするためです。

 

そして北側の窓は、年間通じてほとんど日差しが入らないので、屋内の熱が逃げないように高断熱なものを採用しましょう。

場合によっては北側の不要な窓はつけないという判断もいいかもしれませんね。

 

そして東西面は、強烈な夏の日差しや西日を避けるためにも、遮熱・断熱それぞれを意識したものを採用すると良いでしょう。

 

建物の状況によっても多少変わってきますので、ぜひ家づくりのタイミングで、窓の性能について見つめなおすと良いかもしれません。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP