原樹ハウスインスタグラム 原樹ハウスfacebook 資料請求・お問合せ
 

【パッシブデザインで重要な「断熱」の要素】

こんにちは♪ 原樹ハウスです。

前回、冬場を襲う「ヒートショック現象」についてご紹介をしました。

今回はその対策に役立つ、パッシブデザインの肝となる「断熱」をご紹介します。

 

■パッシブデザインでも重要な要素となる「断熱」

 

パッシブデザインとは、機械にできる限り頼らず、太陽光・熱・風などの自然エネルギーを活かした家づくりの考え方です。

その自然エネルギーを最大限に活用するために「断熱」が重要になります。

断熱」の一番の目的は「冬の熱損失を防ぐ」ということ。

パッシブデザインは自然の暖かさ・涼しさを大切にするので、その少ないエネルギーで快適な環境を作る必要があるため、断熱が大切な要素になります。

・冬場は、窓から入った「太陽熱」をいかに守るのか

・夏場は、「太陽熱」をいかに屋内に入れないか

この2点に特に注意しないといけません。

 

 

■「断熱材」と「開口部」に要注意!

 

断熱」を語るうえでまず外せないのは「断熱材」ですね。

壁や基礎、屋根から外へ熱が逃げないようにしてくれる大切な対策です。

原樹ハウスでは、効果も高く自然由来の素材で出来ている「セルロースファイバー」を使用しています。

また、「開口部」についても注意しましょう。

「開口部」とは、窓や出入り口などの開放された部分のこと。

ここは断熱における一番の弱点となってしまいます。

だからこそ、窓の断熱性能・サッシの種類などに気をつける必要があるんです。

 

断熱をしっかりすることで、パッシブデザインの肝となる自然エネルギーを無駄なく活用できます。

ぜひ一度家づくりの前に見直してみましょう。

関連記事

施工事例紹介

資料請求

PAGE TOP