制震対策
≫ 資料請求・お問い合わせはこちら

地震に強い住宅は中身が違います

制震テープで家をまるごとダンパーにしませんか?
大地震時、最大80%揺れを低減します。
110年後も十分な制震性能を維持し、伝達材不要で吸収材だけなので合理的です。

 

制震テープの特徴

・両面テープ状の粘弾性体が住宅の揺れを軽減させます。

・110年後も十分な制震性能を維持します。

・防災科学研究所、東京大学、清水建設の共同開発です。

・住宅がまるごとダンパーになります。

制震テープのからくり

厚さ1mmの制震テープを地震でズレる部位に挟むことにより、 粘弾性体がグニュグニュ揉まれます。それによって振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、 揺れを軽減させます。

 

 

110年後も十分な制震性能を維持

紫外線劣化・酸化劣化・熱劣化の3要素をクリアできるため、110年以上の間、粘着強度の変化率は0~-10%の間を安定維持することが確認されています。

 

 

3者での共同研究

高層ビル向けに開発された粘弾性体に注目した防災科学研究所、東京大学、清水建設の3者が、それを両面テープ状に加工し、住宅用に制震テープを研究開発しました。

 

 

住宅がまるごと制震ダンパー

約1,000mの吸収材を住宅全体に分散設置するので、伝達材は不要になり、振動吸収のバランスも良く、大きな制震効果が期待できます。

 

 

制震テープをビデオで見る

制震テープ紹介ビデオ

超制震住宅/耐震住宅比較実験映像