原樹ハウスの家
≫ 資料請求・お問い合わせはこちら

商品ラインアップ

子守樹(こもれび)

〈子守樹〉で育つ子どもたちへ。

「テクニックはいつでも学べるが、味覚だけは幼い頃にしか磨けない!」 とある有名なフランス人シェフの言葉です。 子どもの頃の体験が、生涯にわたり深い影響を与える。 もしかするとその体験の一つに、『住環境』も含まれるのではないか。 私たち原樹ハウスはそう考えました。 天然木の床材や自然由来の塗り壁など、 やさしい手ざわりと温もりに囲まれて、のびのびと育つ子どもたち。 そんな姿を想像しながら作り上げたのが〈子守樹〉です。 この家で育つ第一世代は、果たしてどのような大人に成長するのでしょうか。 私たちもいま、楽しみに見守っているところです。

〈子守樹〉から始まる、一生のお付き合い。

いつかは子どもたちの実家となる〈子守樹〉
原樹ハウス〈子守樹〉は、世代を超えたお付き合いを想定しています。
本物の国産材にこだわった自然素材の高気密高断熱で、冬暖かく夏涼しく、 素足での暮らしが実現します。 子供に「五感」で白然を感じすくすくと育つ住環境を!
新築の頃よりどんどん愛着が湧いてくる家です。
〈子守樹〉をお選びいただいたことが、お付き合いの第一歩。
子どもたちが成長し、独立した後も、原樹ハウスはずっとあなたのそばにいます。

施工事例

一つひとつの間取りが違うのは、 子どもたちへの願いが違うから。

安全で安心な素材を使うことは当然のこととして、 子どもたちがスクスクと育つ家には、それなりの工夫が必要です。
大切なことは、どんな大人に育ってほしいのか、あなたの願いを一度言葉にしてみること。 たとえば「小さな頃から独立心を育みたい」とか「料理のできる男の子に」など。 一つひとつのイメージを具体的な言葉にしていけば、必要な間取りは自然に見えてくるはずです。
ここでご紹介した〈子守樹〉のオーナーたちのように…。